プロフィール

Tatsuo Inoue  -  井上達夫

Author:Tatsuo Inoue - 井上達夫
画家 Tatsuo Inoue(井上 達夫)のブログ


1974年 Born in Texas in the U.S.A
    (米国テキサス生まれ)

1998年 Graduated from Tama Art University(多摩美術大学油絵科卒業)

絵画教室JOEL代表・講師
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【これまでの活動 ~exhibition~】
◇2004年
「井上達夫」展 @ Ben`s Cafe(高田馬場)

◇2006年
「Tatsuo Inoue個展」@ギャラリー波瑠(有楽町)

◇2010年
「井上達夫 素描展」
@イーストウィンドカフェギャラリー

◇2010年
「音楽と絵画」展@ 秀友画廊(銀座)

◇2011年
「音楽と絵画Part2」展@秀友画廊(銀座)

◇2011年
「井上達夫 個展 ~聖書の世界」展 @秀友画廊(銀座)

◇2013年以降、毎年5月にギャラリーランクスアイ(目黒区)にて個展開催

10月「ギャラリーランクスアイ5周年記念展」(目黒)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【受賞暦 ーthe record of winning awardsー】
◆Pan Pacific miniature art exhibition second praize
     2等賞受賞(カナダ)1998年 
◆町田市版画美術館「市展」入選 2005年
 Machidashi  exhibition 2005

【Art with my body ~Karate~】
“自分らしく生きること”こそ、最高の芸術である
と考えています。
武道家が多い父方の血筋と、音楽や絵画などに親しむ母方の血筋の中にあって、絵画、音楽、武道に親しんできました。

身体芸術とも呼べる空手においても、
その人その人の体格、体の使い方、運足(足の運び方)、
呼吸によってまったく違ったものが生み出されていきます


日本空手協会 三段
Karate gym where I serve as instructor↓
日本空手協会本牧支部(Japan karate association Honmoku-shibu)
http://honmoku.ojaru.jp/

[東日本大震災について]
この度の東日本大震災において被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 皆様の安全と一刻も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exhibition Time

毎年恒例で開催中です。

スクリーンショット 50
スクリーンショット 21

スクリーンショット 43

スクリーンショット 11

"世界一貧しい大統領"ムヒカさんの幸福論「簡素に生きていれば、自由なんだ」



世界一貧しい大統領"ムヒカさんのお言葉をご存知の方々も多いかと思います。「足る事を知る」とは、言うは易し、行なうは難しです。
ーーーー以下、ムヒカさんの言葉ーーーー
「みんな誤解しているね。私が思う『貧しい人』とは、限りない欲を持ち、いくらあっても満足しない人のことだ。でも私は少しのモノで満足して生きている。質素なだけで、貧しくはない」
「モノを買うとき、人はカネで買っているように思うだろう。でも違うんだ。そのカネを稼ぐために働いた、人生という時間で買っているんだよ。生きていくには働かないといけない。でも働くだけの人生でもいけない。ちゃんと生きることが大切なんだ。たくさん買い物をした引き換えに、人生の残り時間がなくなってしまっては元も子もないだろう。簡素に生きていれば人は自由なんだよ」
朝日新聞デジタル  |  執筆者: 朝日新聞社提供より抜粋

ーーーーー
雨風をしのぐ屋根があり、着るものがあり、愛する家族が与えられ、
満足して生きるに十分なものは与えられている。
それでも、つい「あれが足りない、これもない」とつぶやいてしまうことがあります。
古の書物バイブルでも、金銭を愛することが「すべての悪の根である」と語られています。
三浦綾子さんも、その著書『生かされてある日々』の中でこのように述べています。
ーーーーー
(黒柳)朝さんの本に、「すばらしいものはみんなタダ。愛情、太陽、空気、水、勇気、信じること、情熱、好奇心・・・・・・」とあったのを思い出す。すばらしいものが、すばらしいものとわかること、これは実に私たち人間にとって稀有のことなのだ。何が大切なのか、何がすばらしいのか、それを知らずに生きているのが私たちだ。
(三浦綾子『生かされてある日々』より)
本当に価値あるものとは何なのか、考えさせられます。

懸命に 命の限りに 美しく咲く

先週は、アーティスト数人と「声なき者の友」の輪(FVI))代表のK先生と共に福島県に再び足を運び、
除染作業責任者や漁業組合の責任者、いわき市議会委員などの方々とお会いし、話しをうかがい、いくつかの場所を案内していただきました。

2年前の訪問時には立ち入り禁止だったエリアにも入ることができました。
そこに人知れず咲いている花を見て、頭の中によみがえった一つの言葉がありました。
作家の三浦綾子さんの以下の言葉です。

「誰の目にも触れぬ 深山の中に/美しい花の咲いているのを/見ることがあります/おそらく、その花に目を注める人は/何年に一度あることでしょう/でもその花は/懸命に/命の限りに 美しく咲いているのです/人は見ずとも/神は見ていられることを/花はきっと知っているのでしょう/そのような謙遜と信頼を/どうぞ私たちにも教えてください
(『祈りの風景』より)

DSCN0022 2
DSCN0022.jpg

水曜の早朝から、アーティスト数人で福島に来ています。
今回は、昨年カナダでご一緒したカナダ人アーティストらも来日し、同行しています。
富熊地区漁業組合代表者や、除染作業責任者の方々をはじめ被災した教会の方々からお話をうかがうことが出来ました。

アートを通してどんな復興支援活動が出来るものかを探ることが目的です。詳細はまた、後ほど♪
DSCN9630.jpg

広岡浅子さん 〜女性の社会進出について〜

前回に続き、NHK朝の連続テレビドラマ「朝が来た」のモデルとなった広岡浅子さんについて。

女性の社会進出について多くの示唆を残された浅子さん。
浅子さんは、米国からは日本にジョルダン博士のような平和の使命者を、日本からは新渡戸博士を米国に送るなど、「互いに平和を祈ることに力を尽くしているのは大いに喜ぶべき」と、それまでの平和事業を評価しつつも、「平和事業は男子の仕事ではなく、むしろ婦人の仕事であって、当然のように、婦人が力を尽くすべき職分をもっているのです」と、自伝の中で述べています。その理由として、以下の3点を挙げています。

・元来男子は、一面において進歩的、破壊的性質を持っている
・現状に満足せず、変化を好む性質がある
・と同時に、ほかの面においては、一度言い出したことは決して後に引かない。途中で自分の議論が悪いと気づいても、どこまでも主張を貫こうとする性質がある。

これらは、「男子の長所でもあると同時に短所でしょう」とも。
対して女性は、
・講話的な性質を持っている
・美しい同情心等を持っていて、常に社会の運転力を滑らかにする性質を持っている

「そこで男子が戦おうとするときは、女子は常に調和者とならなければなりません。平和事業のようなものも、女子の手によってはじめて完全なものとなるわけです」。

「日本の婦人も活眼を開いて、この世界の福音を興す事業に向かって意を注ぐべきでしょう」と浅子さん。
女性あっての男性、男性あっての女性。それぞれの良さを活かし合い、更にそこに「天の意思」が祖注がれてはじめて、真の平和は実現されるのでしょうね。
晩年に熱心なクリスチャンとなられた浅子さんが掲げた「女性の社会進出」というものの中には、
単なる男性 vs 女性という構図ではない、神の加護のもとにある老若男女の共生というビジョンが見てとれるように思います。

そのキーワードは愛し合うこと、つまりは「ゆるし合うこと」なのでしょうが、この「愛し合う」すなわち「ゆるし合う」という一事をなし得ることが、私たち人間にはなんと難しいことでしょう。

しかし、身をもって見本を示された方がいます。
彼が「平和の君」と呼ばれる所以でしょう。

DSCN0191.jpg

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。