プロフィール

Tatsuo Inoue  -  井上達夫

Author:Tatsuo Inoue - 井上達夫
画家 Tatsuo Inoue(井上 達夫)のブログ


1974年 Born in Texas in the U.S.A
    (米国テキサス生まれ)

1998年 Graduated from Tama Art University(多摩美術大学油絵科卒業)

絵画教室JOEL代表・講師
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【これまでの活動 ~exhibition~】
◇2004年
「井上達夫」展 @ Ben`s Cafe(高田馬場)

◇2006年
「Tatsuo Inoue個展」@ギャラリー波瑠(有楽町)

◇2010年
「井上達夫 素描展」
@イーストウィンドカフェギャラリー

◇2010年
「音楽と絵画」展@ 秀友画廊(銀座)

◇2011年
「音楽と絵画Part2」展@秀友画廊(銀座)

◇2011年
「井上達夫 個展 ~聖書の世界」展 @秀友画廊(銀座)

◇2013年以降、毎年5月にギャラリーランクスアイ(目黒区)にて個展開催

10月「ギャラリーランクスアイ5周年記念展」(目黒)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【受賞暦 ーthe record of winning awardsー】
◆Pan Pacific miniature art exhibition second praize
     2等賞受賞(カナダ)1998年 
◆町田市版画美術館「市展」入選 2005年
 Machidashi  exhibition 2005

【Art with my body ~Karate~】
“自分らしく生きること”こそ、最高の芸術である
と考えています。
武道家が多い父方の血筋と、音楽や絵画などに親しむ母方の血筋の中にあって、絵画、音楽、武道に親しんできました。

身体芸術とも呼べる空手においても、
その人その人の体格、体の使い方、運足(足の運び方)、
呼吸によってまったく違ったものが生み出されていきます


日本空手協会 三段
Karate gym where I serve as instructor↓
日本空手協会本牧支部(Japan karate association Honmoku-shibu)
http://honmoku.ojaru.jp/

[東日本大震災について]
この度の東日本大震災において被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 皆様の安全と一刻も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴォーリーズ建築を訪ねて

『建物の風格は人間の人格と同じく、その外見よりもむしろ内容にある』
とは、アメリカ人ながら、近江八幡市の名誉市民の先駆けとなったウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏の言葉。

先日、次回個展の打ち合わせに同席くださったSさんは、ヴォーリーズと一緒に長年仕事してこられた方。
そんなSさんがしみじみとこうおっしゃられました。
「彼(ヴォーリーズ氏)を知っている方で、彼を悪く言う人を見たことがない」
それほど、多くの人たちに親しまれていたということでしょう。
柔和なイメージとは裏腹に、こと信仰に関しては厳しさ持った方だったそうです。

ヴォーリーズ氏はキリスト教の伝道者としての強い使命感から、
当時不治の病と言われた結核治療に先駆的な役割を果たし、
更に図書館・学校の開設、医薬品事業など、
社会事業活動全般に大きな足跡を残された方です。


1880年生まれのヴォーリズ氏は25歳の時、英語教師として来日。
その後建築事業を起し、また、
アメリカ製のメンソレータムを販売する代理店として製薬事業を開始。
得られた財を足がかりに近江兄弟社設立に至ったとのこと。

多方面で活躍された方ですが、
その骨髄を貫いていたのは、まぎれもなくイエス・キリストへの厚い信仰でした。

DSC03690.jpg

《写真=ヴォーリーズの建築作品=麻布南部坂教会前で》


DSC03773 2

DSC03773 3
スポンサーサイト

励まし

この日曜日は敬愛するS牧師の指導のもと、
301クラスというものに参加しました。

書籍やセミナーを通して何度か体験したことのあるプログラムでしたが、
改めて自分の人生を振り返る、良い時間となりました。

自分自身の人生のタイムラインを作成し、
どのように神が人生に働いてくださったのかを見る思いでした。

思えば、
大変だった時、つらかった時、
なんでこんなことが起こるんだろうということが起こった時、
自分に与えられた励ましは3つありました。

それは、美しい自然、音楽、そして家族の支え。

描くことは?…というと、もう少し“生活の営み”の一部のような感覚。
「仕事!」という認識があるからなのか、、

描くことは“祈り”に近いものなのかもしれないと思い始めました。
「呼吸するように祈る」とよく言います。
食事する時もトイレに行くときも、
寝ている時も?、歩いている時も、
いつも天地万物の創造主と対話すること。それが祈りなのだと。

同様に、
どんな時でも創造主を賛美する思いで描く、表現する。
美しい自然や音楽、家族からいただいた栄養を芸術として昇華させて神様にお返しする。
それが自分にとってのアートとの関わり方なのかもしれません。

これまでも。そして、これからも

DSC03350.jpg

個展の打ち合わせ

今年も、4/26〜5/10まで、
目黒のギャラリー・ランクスアイさんで企画展を開催していただきます。

今日はその打ち合わせのため、有楽町の記者クラブへ。
ヴォーリーズ建築事務所の関係者の方々もいらしてくださいました。

実際にヴォーリーズ氏とお仕事をされた方から貴重なお話もうかがうことができ、
収穫大でした♬

たくさんの資料をいただき、また、お貸しいただき感謝感謝です!
さあ、、これから読書&制作の日々??

DSC03768.jpg

次回個展に向けて

今週は、空手の朝稽古後、
御茶ノ水の山の上ホテルへ。
数回、足を運んでますが、さすがにさぶい〜!!
1555495_10201502255898427_622710593_n.jpg

DSC03354 2

DSC03354.jpg

この寒空の下で車を誘導されている従業員の方々の姿に、敬服します。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。