プロフィール

Tatsuo Inoue  -  井上達夫

Author:Tatsuo Inoue - 井上達夫
画家 Tatsuo Inoue(井上 達夫)のブログ


1974年 Born in Texas in the U.S.A
    (米国テキサス生まれ)

1998年 Graduated from Tama Art University(多摩美術大学油絵科卒業)

絵画教室JOEL代表・講師
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【これまでの活動 ~exhibition~】
◇2004年
「井上達夫」展 @ Ben`s Cafe(高田馬場)

◇2006年
「Tatsuo Inoue個展」@ギャラリー波瑠(有楽町)

◇2010年
「井上達夫 素描展」
@イーストウィンドカフェギャラリー

◇2010年
「音楽と絵画」展@ 秀友画廊(銀座)

◇2011年
「音楽と絵画Part2」展@秀友画廊(銀座)

◇2011年
「井上達夫 個展 ~聖書の世界」展 @秀友画廊(銀座)

◇2013年以降、毎年5月にギャラリーランクスアイ(目黒区)にて個展開催

10月「ギャラリーランクスアイ5周年記念展」(目黒)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【受賞暦 ーthe record of winning awardsー】
◆Pan Pacific miniature art exhibition second praize
     2等賞受賞(カナダ)1998年 
◆町田市版画美術館「市展」入選 2005年
 Machidashi  exhibition 2005

【Art with my body ~Karate~】
“自分らしく生きること”こそ、最高の芸術である
と考えています。
武道家が多い父方の血筋と、音楽や絵画などに親しむ母方の血筋の中にあって、絵画、音楽、武道に親しんできました。

身体芸術とも呼べる空手においても、
その人その人の体格、体の使い方、運足(足の運び方)、
呼吸によってまったく違ったものが生み出されていきます


日本空手協会 三段
Karate gym where I serve as instructor↓
日本空手協会本牧支部(Japan karate association Honmoku-shibu)
http://honmoku.ojaru.jp/

[東日本大震災について]
この度の東日本大震災において被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 皆様の安全と一刻も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインの思い出

時計blog用

Spain絵blog用2

Spain4blog用

大学の卒業式も出ずに、スペインに数ヶ月滞在してからはまってしまい、
以後数回、スペインを訪れた。

素朴で温かい人たちとの出会いがあった。
知人の別宅があったグラナダを拠点に、アンダルシア地方(コルドバにも行きましたよ♪)から、友人が暮らしていたウエルバ(Huelva)に行き、そこからポルトガルにも車で連れて行ってもらった。

ぽかぽか

あったかくて、カラっとしていて、

のんびりした空気が好きだったなあ。

また行きたいな♪


スポンサーサイト

〈第3話〉

飛行機から1


 人は何者なので、これをみ心にとめられるのですか、
 人の子は何者なので、これを顧(かえり)みられるのですか。
(詩篇8・4~6)

 現在、新聞での仕事も当初より要領を得てきたと思う。絵描きとして、新聞記者として、空手の指導員として、神学校で学ぶ者として…時には「一体あなた、何がしたいの? いろいろやり過ぎなんじゃないの?」とご忠告いただくこともある。

 自分のライフスタイルがほかの人のつまずきにならぬようにと祈らされつつも、これが自分の歩ませていただく道だと確信している。

 人間は働きをしぼるとそれに執着し、神ではないそれらの働きを偶像として握りしめてしまう危険をもっているのではないかとも思う。
少なくとも私自身はそうだ。
私たちは、主なる神以外の何ものをも握りしめてはならない。

 平野耕一牧師の著書『賜物に気づく、幸福にきづく』から、以下の文を引用したい。


「相手を尊重することと、相手にすべて合わせることとは同じでない。
建て前を上手に用い、素の自分を隠しながらつき合った結果、
たとえ相手から好かれたにしても、自信にはつながらない。

なぜならば、『本当の自分』が好かれているわけではないことを承知しているからだ。
せっかくあなたにはあなただけの魅力があるのに、他人に合わせることで汲々としていたら、その魅力は出てこない。
また、自分の魅力に自分でも気がつかないことになる。

自分の心を前面に出したら、『好きだよ』と言ってくれる人が必ず出てくるものなのだ。
…(中略)…自分らしく生きる道は、気楽どころか、かえって多くの困難に直面する場合が多い。
しかし、困難や試練を通して初めて、自分の望んでいる道に気がつくことができる」。



 あなたの本業は何?と質問されたなら、私は迷わずこう答える。

 「イエス・キリストが唯一の救いの道であることを宣べ伝えること」。
その「本業」以外はすべて枝葉のこと。

 絵も空手も出版社での働きも、神様に「捨てよ」と言われればいつでも手放す覚悟と用意をもちつつ、働きに当たってきたつもりだ。
 新聞記者として取材をする中で、私のように働きながら伝道の働きに献身したいという牧師・伝道師たちとの出会いや交流も与えられた。
このような出会いも含め、神学校での学びだけでなく出版社での働きもまた、神様が備えてくださった訓練の場であったと思う。
 空手の世界においても、実力外のところで指導員として召し出され、お偉い先生方の交わりに参加させていただく中で、大胆に「唯一の神イエス・キリスト」について語る機会が与えられていることにも、神様な不思議なご計画を感じている。

 主イエスの大宣教命令(マタイ28・18~20)に基づいた世界宣教の実践のために自分に何ができるのか?
 今、この日一日を主に従って歩むほかない。

道は自分で切り開くものではない。
主が道を造られる。

わたしは、わが魂をみ手にゆだねます(詩篇31・5)。

まことに人はだれも自分をあがなうことはできない。そのいのちの価を神に払うことはできない(詩篇49・7)。

わたしは取るにたらない者で、人に侮(あなど)られるけれども、なお、あなたのさとしを忘れません(詩篇119・141)。

 これからどんな状況に置かれようとも-忙しい時も緩やかな時も、
貧しい時も富む時も-主が私に良くしてくださったことを、
何一つ忘れることがありませんように。

主なる神、イエス以外は何も握りしめることがありませんように。

そう祈りつつ、歩ませていただきたい。


  もっとも、わたしが福音を告げ知らせても、それはわたしの誇りにはなりません。そうせずにはいられないことだからです。福音を告げ知らせないなら、わたしは不幸なのです。 
(第1コリント9・16)

      【終】

※絵は02年制作のもの。

〈第2話〉

空2

◇  ◇
《第2話》
 順境の日には楽しめ。逆境の日には考えよ。(伝道の書7・14)

 また、身の振り方を神様に示していただかなければいけない…。
「神様、あなたが私に用意されたMost Holy Life(最高に聖なる人生)を歩ませてください。私に分かるかたちで日々、道をお示しください」。
そう祈る中で、不思議と心に平安があった。


 ちょうどその頃、以前から通っていた空手道場で一緒だった友人から結婚式の案内が届いた。
その結婚式に参加した時のこと。
私の空手の師匠も式に来られていた。師から「横浜に指導してほしい群れがある。達夫、やってくれるか?」と話があった。
この先生の口利きで、以前千葉にある道場2階の部屋に3年半住まわせていただいたことも含め、公私ともに大変お世話になっている先生からのお願いに対し、
「お、お~す!(=やらせていただきますの意味)」と私。即決だった。


 ほかのルートから、平日午後に武道スクールでのコーチの話も舞い込んだ。
しばらく返事を待ってもらい、祈った。

将来、これらがどうミニストリーと繋がっていくのか皆目検討もつかない…。
それでも、祈りの中で背中を押され、お引き受けすることに決めた。

 その決断からしばらくして、会社でまた編集長に呼び出された。
「井上くん、本社の出版部なら、仕事があるみたいなんだ。どうかな?やってみる?」。
編集長が本社に行った際、「ウチにこんな人材がいる」と話をもちかけてくださったようだ。

さっそく出版部の責任者と会うことになった。

週3日の勤務でもよければ雇えるが、それ以上は無理ということだった。

「空手の仕事が週2回。出版社で週3回。あとの時間で絵も描けるし祈りにも専念できる。
よし! やってみよう!」。
06年新年から、出版部に移動することが決まった。

並行して空手の指導員の話も進んだ。
高額ではないが、謝礼もいただけることになった。
(つづく)

※作品は02年制作のもの

〈第1話〉

blog用 7
《第1話》

 わたしはあなたがたの年老いるまで変わらず、
白髪となるまで、あなたがたを持ち運ぶ。
わたしは造ったゆえ、必ず負い、持ち運び、かつ救う。 イザヤ書46・4

 09年で、クリ○▼◇新聞の記者として4年目、また神学校夜間分校で学び始めて4年目に入る。
絵画制作も続けている。
ここ数年を振り返ってみて感じることは、
「主なる神は日ごとに私を憐れみ、養ってくださった」ということ。

 新聞記者…、と言っても、フタを開ければ時給にして800円の準社員。
その代わりに、「不夜城」と呼ばれる新聞編集部の中にあっても、
夜間神学校の授業がある日は残業なしで帰らせてもらえるという条件で、働きを続けさせていただいてきた。

経済的に厳しい状況とは言え、神様は今日まで導き、日々の糧を与えて養い続けてくださった。
ほそぼそとではあるが絵画制作の仕事も続けることができた。



 貧しくもなく、また富みもせず、ただなくてはならぬ食物でわたしを養ってください。飽き足りて、あなたを知らないといい、「主とはだれか」と言うことのないため、
また貧しくて盗みをし、
わたしの神の名を汚すことのないためです。 (詩篇30・8、9)

 クリ○▼◇新聞で働くことになったのは05年夏。この頃、神様に全人生を捧げきりたいという強い願いが与えられ、自分にふさわしい献身のかたちについて、牧師や信頼のおける祈りの友に相談していた時期でもあった。

祈りの中で「あなたを養うのは、会社でも、人でもない。わたしがあなたを養う」と神様からの即しを受けた。

それまで続けていたアルバイトなどを辞め、自分にできる最高の献身のかたちを祈りつつ探った。

新聞での募集について知ったのは、ちょうどその頃だった。

 絵だけでなく、以前から文章を書くことも好きで、絵と文書を用いた伝道をしたいと常々思っていた。
「これは、主がご用意くださった良い機会かもしれない」
…そんな思いから、応募を試みた。

 月刊誌の編集スタッフとして働くことになり、記事書き、イラスト、紙面レイアウトなど、クリエイティブな働きをさせていただけることになった。
最初の仕事は書評書きや簡単な編集作業など。

編集部に送られてくる多くのキリスト教関係書籍を読んだ。
大変なこともあったが、比較的自由に表現できる書評書きでは、文字で表現することの楽しさを学んだ。

 毎朝賛美とディボーション、祈りの時があるという最高の環境。

「大好きな読書、しかも神様のことについて書かれたものを読んでお金がもらえるなんて、幸せ!! 神様ありがとう!!」

毎日が充実していた。

しかし、
3、4か月働き、05年が終わりに近づいた頃のこと。
会社の経営状態が思わしくなく、大幅なリストラが決行されることに…。まもなく、編集長に呼び出された「井上くん、ごめん。これからも続けてほしいところなんだけど…、来年から雇えないんだ」
(つづく)

※作品は02年制作のもの

やさしく強く

TS2B0075.gif

CA3A0378.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。