プロフィール

Tatsuo Inoue  -  井上達夫

Author:Tatsuo Inoue - 井上達夫
画家 Tatsuo Inoue(井上 達夫)のブログ


1974年 Born in Texas in the U.S.A
    (米国テキサス生まれ)

1998年 Graduated from Tama Art University(多摩美術大学油絵科卒業)

絵画教室JOEL代表・講師
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【これまでの活動 ~exhibition~】
◇2004年
「井上達夫」展 @ Ben`s Cafe(高田馬場)

◇2006年
「Tatsuo Inoue個展」@ギャラリー波瑠(有楽町)

◇2010年
「井上達夫 素描展」
@イーストウィンドカフェギャラリー

◇2010年
「音楽と絵画」展@ 秀友画廊(銀座)

◇2011年
「音楽と絵画Part2」展@秀友画廊(銀座)

◇2011年
「井上達夫 個展 ~聖書の世界」展 @秀友画廊(銀座)

◇2013年以降、毎年5月にギャラリーランクスアイ(目黒区)にて個展開催

10月「ギャラリーランクスアイ5周年記念展」(目黒)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【受賞暦 ーthe record of winning awardsー】
◆Pan Pacific miniature art exhibition second praize
     2等賞受賞(カナダ)1998年 
◆町田市版画美術館「市展」入選 2005年
 Machidashi  exhibition 2005

【Art with my body ~Karate~】
“自分らしく生きること”こそ、最高の芸術である
と考えています。
武道家が多い父方の血筋と、音楽や絵画などに親しむ母方の血筋の中にあって、絵画、音楽、武道に親しんできました。

身体芸術とも呼べる空手においても、
その人その人の体格、体の使い方、運足(足の運び方)、
呼吸によってまったく違ったものが生み出されていきます


日本空手協会 三段
Karate gym where I serve as instructor↓
日本空手協会本牧支部(Japan karate association Honmoku-shibu)
http://honmoku.ojaru.jp/

[東日本大震災について]
この度の東日本大震災において被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 皆様の安全と一刻も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の子

昨年1月に書いたメモが出てきた。
Blogにも載せちゃおっと☆

 光の子

障がいをもつ人たちの共通点とは、「痛みを知っている」ということだろうか。
痛みを知っている人に敏感な人がいる。そのような人に惹かれる人がいる。
痛みをもつ者。そのような人とは、神の愛を格別に必要としている人とは言えないだろうか。
神を必要としている人に、敏感になること、それは、私たちキリスト者に求められているものではないだろうか。
お金では満たされない人、飽食の時代にあって、心が飢え乾いている人たち。私たち自身、少なからずそのような者なのだ。
この世では、決して満たされることのない欠乏感。
お金でも、異性でも、高価な宝石でも満たすことのできない欠乏感…。それは、やがて来るべき次の世界でのみ、満たされるもの。
何を求めていいのか自分でもわからないが、私たちの魂は叫ぶ、叫ぶ!
この欠乏感は何だ?と…
十分な金も得た
愛する伴侶も得た
名声も 栄誉も
すべて手にしたはずなのに、消えない欠乏感が、私たちをかきたてる。
まだ足りない、と
本当に必要なものとはなんだろう。
心よ、心よ、本当は何がほしいんだい?
本当に求めているのは、こんなものじゃあないだろう?
安らかに眠る赤子のように、すべてを受け入れ、すべてを委ねることができる、そう、あの感じがほしいんだろう?

それを与えてくれる存在を、ぼくは知っているよ。
きみも知っているはずさ。
そう、あの光のこと。暖かくて、やさしくて、清らかな、あの光のこと。
ぼくたちのすべてを包み込むように今もほら、ここにある、光。
僕たちはここから生まれたんだ。
そして、ここに帰るんだ。その光、知っているよね?
安心して。きみも、その子どもだよ。そう光の子。
きみは愛されているんだ。
光はきみを必要としている。きみを愛している。
帰ろう、一緒に、この光に。僕たちの本当のふるさとへ
死ぬ必要なんかないさ。
もうがんばる必要もない。そのままで、生きよう、一緒に
もう、死ぬ必要なんてないさ。許せないあの人を憎む必要も、できない自分を責める必要もない。
そう、生きよう。生きたいんだから。生きよう、
ぼくたちは、光の子。

スポンサーサイト

光の子

tatsu・写真・コケ

コケ

こけ
コケ国庫

絵のちたもどこ

こどもたちの絵

続きを読む »

、「イエス」チーム

小学生~高校生まで、サッカーを習っていた。

 高校生くらいになると、戦術的なことを習うようになる。その一つに「スペースに走り込む」という基本的な戦術がある。それはこんな戦術だ。

 味方のAが動くと、Aが居た場所にスペースができる。
そのできたスペースに味方Bが走り込む。Bが動くと、今度はBが居た場所にスペースができる。そこに味方Cが走り込み…。
ということの繰り返しなのだが、これによって、一人が1か所に居着かず、結果的に相手を翻弄することができ、得点に結びつきやすくなるのだ。

そのとき、一人がボールを長く持ちすぎないことも原則の一つとなる。
サッカーは一つのゴールのために、チームが一丸となって闘うスポーツだ。

個人技の披露や、どれだけ長くボールをキープできたか、などということは、大きな問題ではないし、競技の目的でもない。

◇ サッカーの競技上の目的は1つ。ゴールを決めること

競技に臨む時、ゴールをしっかりと見据えて、監督の指示に耳を傾けなければならない。

☆私たちクリスチャンにとっての監督とは誰だろうか?
と考えてみた。


聖書によると、神なるイエスの霊である「聖霊」こそ、私たちの完全な指導者であり、監督。

イエスさまは、私たちの代わりに死んで、3日目によみがえった後、こう言い残して天国に戻られた。
「わたしは先に天国に戻って、きみたちのために家を備えてくるね。あとはヨロシク。でも、わたしはあなたたちから遠く離れるのではないよ。わたしの霊である『聖霊(Holy spirit)』を残していくからね。わたしは世の終りまで、きみたちと一緒にいるよ。そして、また戻って来るよ~」


◎私たちは、「聖霊」という監督の声をよく聞き、ゴールを目指すのだ。

☆…では私たちのゴールとはなんだろう?

名声を得ること?
人に評価されること?
尊敬されること?
お金持ちになること?

これらは確かに、一見魅力的なゴールかも♪…でも、どれも天国にはもっていけないものばかり…。死ぬときには、これらのものはすべてこの地上に置いていかねばならない。お金は天国にもっていけないし、容姿の美しさや健康、人からの評価も、天国ではゴミのようなものだ。トイレットペーパーほどの価値もない。

ならば、いったい私たちの目指すべきゴールって?

聖書に聞いてみよう。
聖書にはこう書いてある。
「神は、ただみこころのままに、私たちをイエス・キリストによってご自分の子にしようと、愛をもってあらかじめ定めておられたのです。
それは、神がその愛する方によって私たちに与えてくださった恵みの栄光が、ほめたたえられるためです」
     (聖書エペソ人への手紙1:5、6より)

神の栄光がほめたたえられるために、生きる人生こそ、私たちのゴール、ということだろうか。



ゴールは「神の栄光を現わすこと」。

神の栄光を現わすって…、どういうことだろう?

聖書の続きの個所を読んでみよう。

「それは、あなたがたが、非難されるところのない純真な者となり
 (曲がった邪悪な世代の中にあって)傷のない神の子どもとなり
 (いのちのことばをしっかり握り)彼らの間で世の光として輝くためです」
…私たちがこのような者となる時に、そこに神の栄光が豊かに現れるということだろうか。「オレさまの栄光」ではなく「神の栄光」を現わすために生きる人生。悪くないかも♪

もし、人生の目標(ゴール)が「自分の栄光」だったなら、毎日の生活は人々との争いとだまし合い、憎しみと嫉妬にまみれたものになるだろう。でも、もし人生の目標設定を「自分の栄光」→「神の栄光」に変えるなら、生き方は大きく変わってくると思う。

◎時には犠牲になる役割があったとして

 サッカーでも、ゴールを決めるために、敵をひきつけ、味方に点をとってもらうこともある。しかし、それで「あいつが目立って悔しい」ということはない。なぜなら、私たちチームの目標は点を取ることにあるから。

考えてみれば、イエスさまご自身がそんな生き方の見本を見せてくれたっけ。

見方同士でいがみ合い、争っていたなら、喜ぶのは敵だけだ。

私たちは見方同士で、お互いに裁き合っている場合ではない。


☆私たちの敵は誰?

私たちは「神の栄光」という名のゴールを目指すために集められた、
「イエス・キリスト」チームの一員だ。

イエス・キリストの敵が、私たちの敵、ということになる。
イエス・キリストの敵とは「悪魔」とか「サタン」とか呼ばれてるあれだ。

私たちが戦う敵は、「憎たらしい、うちの女房」でも「どうしても赦せないクラスのあいつ」でも「あの能無し上司」でもない。

敵は、神でもないのに「私は神だ」と言って、自分が神になろうとする「悪魔」チームという憎きやつ、霊なる敵だ。人間じゃない。



私たちはすでに、「神(=イエス)」VS「悪魔(=サタン)」のたたかいのフィールドに立っている競技者なのだ。
「ぼくにはまだ、たたかいの準備が出来ていないから…」などとは言っていられない。きみは今、フィールドに立つ選手の1人としてポジション(役割)を与えられ、なくてはならない存在となっているのだから。必要とされているのだから。

しかも、聖書によると、「イエス・キリスト」チームは圧倒的勝利をおさめることが約束されていて、予告されている。「水戸黄門」みたいに、ピンチがあっても最後には必ず勝利しちゃう、という訳だ。


◎「な~んだ。もう勝利が約束されてるなら、がんばる必要ないじゃん」?? そうではない。私たちに期待されているのは、「大勝利」。「1点差で、なんとかぎりぎり勝った…」というのでなく、圧倒的な点数差による勝利が求められている。

どうしたら、圧倒的な勝利になるの?

私たちが、互いに裁き合うことをやめて、愛し合うとき、サポーターたち(天使たち)の大歓声と共に、ゴールのホイッスルの音が鳴り響くことだろう。

私たちが、競技場を単なる「自身の技術披露の場」、「自己満足、野心を満たす場」と考えるなら、このような犠牲は耐え難いことだろう。しかし、私たちには別のゴールがある。

神さま、どうか私たちが、生きる目的、ゴールを見失ってしまうことがありませんように†

◎先輩プレーヤーのパウロが、ベンチからこう叫んでいる声が聞こえるようだ。
「…そういうわけですから、愛する人たち、いつも従順であったように、…恐れおののいて自分の救いを達成してください。
神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです。
すべてのことを、つぶやかず、疑わずに行ないなさい。」
(聖書ピリピ人への手紙2:12)


私たちは自分の救いの達成に努め、つぶやかず、疑わずに愛し合い続け、私たちすべてを造られた神さまをほめたたえ続ける必要がある。

私たちの愛するイエスさまがそれを喜んでくださるのだから。
私たちのために、その命まで捨てて愛をあらわしてくださったイエスさまが、一緒にいてくださるのだから。


◎そして、共に喜ぼう。イエスさまの勝利を。私たちのゴールを。

♪賛美♪

もう 振り向かない  もう振り向けない

イエスさまと 共に 歩む日々はもう 輝いている
いつもイエスさまに 愛されてるから

手を挙げて 私は あなたを ほめ歌う

主(イエス)の愛に こころは 満ちてる


。。*+:・゚*+*゚・ *+:・゚*+*゚・:  *+:・゚ 。。*+:・゚*+*゚・ *+:・゚*+*゚・: 

☆あなたも、「イエス」チームに入ってみたいと思いませんか?
「入ってみたい」という方は、簡単です。特別な能力や知識は必要ありません。
ただこう口に出して言ってみてください。
「イエスさま、私はあなたを、私の人生の主(主人)として信じます。私の心にお入りください。あなたのチームで、一緒に生きたいのです。これから、いつも私と一緒にいてください」。

 今、このように口に出して言えた方、おめでとうございます♪
あなたはすでに、「イエス」チームのメンバーです。あなたの心にすでに、イエスさまが住んでくださいました。これからも続けて、イエスさまとお話してみてください。イエスさまとお話する方法は「祈り」です。お祈りの最後に「イエス・キリストのお名前によってお祈りします」と言ってみてくださいね。

 ※できるだけ、あなたの回りにいる誰かに、イエスさまを主と信じたことを話してみてください☆
そのとき、あなたは「イエス」チームの一員として輝かしいゴールに大きく貢献したことになるのですから。

。。*+:・゚*+*゚・ *+:・゚*+*゚・:  *+:・゚ 。。*+:・゚*+*゚・ *+:・゚*+*゚・:

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。