プロフィール

Tatsuo Inoue  -  井上達夫

Author:Tatsuo Inoue - 井上達夫
画家 Tatsuo Inoue(井上 達夫)のブログ


1974年 Born in Texas in the U.S.A
    (米国テキサス生まれ)

1998年 Graduated from Tama Art University(多摩美術大学油絵科卒業)

絵画教室JOEL代表・講師
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【これまでの活動 ~exhibition~】
◇2004年
「井上達夫」展 @ Ben`s Cafe(高田馬場)

◇2006年
「Tatsuo Inoue個展」@ギャラリー波瑠(有楽町)

◇2010年
「井上達夫 素描展」
@イーストウィンドカフェギャラリー

◇2010年
「音楽と絵画」展@ 秀友画廊(銀座)

◇2011年
「音楽と絵画Part2」展@秀友画廊(銀座)

◇2011年
「井上達夫 個展 ~聖書の世界」展 @秀友画廊(銀座)

◇2013年以降、毎年5月にギャラリーランクスアイ(目黒区)にて個展開催

10月「ギャラリーランクスアイ5周年記念展」(目黒)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【受賞暦 ーthe record of winning awardsー】
◆Pan Pacific miniature art exhibition second praize
     2等賞受賞(カナダ)1998年 
◆町田市版画美術館「市展」入選 2005年
 Machidashi  exhibition 2005

【Art with my body ~Karate~】
“自分らしく生きること”こそ、最高の芸術である
と考えています。
武道家が多い父方の血筋と、音楽や絵画などに親しむ母方の血筋の中にあって、絵画、音楽、武道に親しんできました。

身体芸術とも呼べる空手においても、
その人その人の体格、体の使い方、運足(足の運び方)、
呼吸によってまったく違ったものが生み出されていきます


日本空手協会 三段
Karate gym where I serve as instructor↓
日本空手協会本牧支部(Japan karate association Honmoku-shibu)
http://honmoku.ojaru.jp/

[東日本大震災について]
この度の東日本大震災において被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 皆様の安全と一刻も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滅びた文明の共通点

著書『あなたはどこに愛を…』中に引用されていた『家族と文明(Family and Civilization)』(カール・ジンマーマン著)より

☆これまでに崩壊した文明の8つの共通点 ☆

・結婚がその神聖さを失い、離婚が普通のことになる。

・結婚式がもつ伝統的な意味が失われる。

・フェミニストの運動が活発になる。

・親や権威に対する公然の無礼が増大する。

・青少年の非行、性的乱れ、反抗に拍車がかかる。

・伝統的な結婚をしている人たちが、家族としての責任を拒否する。

・不倫への願望や受容が増大する。

・性的倒錯への興味や性犯罪が増大する。
スポンサーサイト

愛を探して

「ある時、私は五人の男性と浮気をしていました…私はこれらの男性と性的関係を持っていたわけではありません。それでも、一人ひとりと浮気をしていたのです。精神的・感情的浮気です。クラーク・ゲーブルの相手役をしている自分を夢想すること、レイ(過去の恋人)とのロマンチックな関係の記憶、トムの機知と知性への憧れ、マークの大人の魅力、スコットの巧みな話術は、どれも性的関係のある不倫と同じくらい、私の結婚にとって危険なものでした」。 先日、新聞の書評を書くために読んだ『あなたはどこに愛を探していますか?ー Every woman's battle ー』(シャノン・エスリッジ著/中村佐知訳、いのちのことば社)の冒頭は、この告白から始まる。
読み進めるうちに引き込まれ、サラリと読むつもりが、じっくりと読んでしまった。
著者は言う。
「男性ほど明白ではないかもしれませんが、女性にとっても、ほとんど誰もが経験する戦いがあります。それは、感情的・性的貞潔の戦いです。しかし女性の戦いは、男性のように、情欲に満ちた脇見から始まるのではありません。女性も視覚的に刺激されることはありますが、女性の戦いは概してもっと微妙なもので、ずっと深い部分で始まります。それはしばしば、失望に満ちた心から始まるのです」(同著まえがきより)。
米国でベストセラーの常連となっている『Every man's battle(邦訳出版予定)』の出版に携わった著者が、「私たちの戦いを助けてくれる本はないのですか?」という女性読者からの問いかけに答えるべく出版したのが同著。
もともと、私たち男性とはまったく違うように造られた女性について、何もわかっていない自分に気づかされた。
「女性は男性のように性的な問題では葛藤しないと言われるのを聞くと、この人は一体どこの惑星から来たのかしら、今までどんな岩の影に隠れていたのかしらと思ってしまいます。恐らく、女性にとってセックスという行為そのものが強い誘惑になることは、男性ほどにはない、という意味なのでしょう。 貞潔という問題に関して、男性と女性は異なった形の葛藤を経験します。男性は目で見たものから戦いが始まるのに対し、女性は心と思いから戦いが始まります。男性が性的誘惑から身を守るためには目を守る必要がありますが、女性が神によって計画された性的・感情的充足を得たいと願うなら、身体だけでなく心と思いもしっかりと守る必要があります。
…男性も精神的、感情的、霊的つながりを必要としていますが、もっぱら身体的ニーズが操縦席にあり、他は後からついてきます。一方、女性にとってはそれが逆転します。その中でも特に女性を駆り立てるものがあるとしたら、それは間違いなく感情的ニーズでしょう」(本文より)。
米国で、『Every man's battle』を用いて、女性のグループを始める教会があるということだが、男性も、同著にあるような女性の戦いについて知っていくべきではないかと思った。

タイトルも興味深い。

・女性が気づくべき現実
・男性だけの戦いじゃない!

・知らぬ間に一線を超えて

・正しい場所に愛を求める

・あなたを守る境界線

・喜びの訪れ

などなど。

忘れもの記念日

先週の土曜日・5月26日を、「忘れもの記念日」と呼ぶことにした。

昔から、本当によく忘れものをする。
土曜日は、職場から実家に帰る途中、職場から持ち帰った絵画をバスに忘れた。
この日は、実家に教会と職場と神学校の友人を数人招いていた。結局、来てくださったのは5人。母が料理を振る舞ってくれた。

話題は、私の「忘れもの」遍歴について。母がしゃべる、しゃべる。
小学校時代の忘れものの数々、大学入試の会場に4日連続で4本傘を忘れてきたこと…などなど、話はつきない。 ひとしきり話た後に、ようやく「あっ、バスに絵を忘れた!」と気がついた。

…そして、宴もたけなわ、実家を後にしたが、大切な神学校のテキストを実家に忘れてくるというオマケ付き。

自分の弱さを思う。
忘れものに限らず、私は何か考えごとをすると周りが見えなくなってしまうところがある。
自転車に乗っていて、ペダルの回転に意識が集中すると、ペダルをこぐのに夢中になってしまう。あげく、止まっているトラックに突っ込んだことも…。たびたび。
神はなぜ、こんなにも弱く私を造ったのか? と、私を造った神にクレームを言ったこともしばしばある。
しかし、そんな私に神は言う、「神に選ばれた者、聖なる、愛されている者」と。
私が選ばれた者?
聖なる者?
愛されている者?

どんなにがんばっても、私は「聖人」にはなれない。
等身大でいこう。
どんなに落ち込むことがあっても、希望を捨てないでいこう。
「あなたは、わたしの目には高価で尊い」と、
私を作った方が言われるのだから☆

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。